読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終戦記念日

 

今日は、紛れもなく終戦記念日

 

71年を迎えるそうで。

 

色あせてゆく記憶の中で、

 

また惨劇を繰り返さないように祈る。

 

とは言っても、

 

リアルタイムに戦争を体感した世代じゃないから、

 

どんな風に祈って、どんな風に後世へ伝えていけばいいのかわからない。

 

 

さっき、"色あせていく"って言ったけど

 

この表現って、例えば昔にとった写真(デジタルじゃないやつ)とかが、

 

単純に劣化して、色があせていくことからきた表現だと思うんだけど、

 

デジタルの場合だと、確実に色あせることはなくてさ。

 

ということはさ、

 

色あせているのは時代の方であって、

写真ではない。

 

その時代のファッション、その時代の価値観、その時代の色合いが

もたらす必然的なことなんだろうね。

 

まとまりがない文章だけど、伝わって欲しい。

 

時間が経つことで、その時代に対する

ハッキリとした色使いが、

 

前時代の色合いを、色あせたものにする。

 

つまり、僕らがどんなに色を大切にしようと、

どんなに前時代の祈りを噛み締めようと、

 

色はあせたように感じる。

 

想いも、価値観も風化していく。

 

同じ川の流れが、二度と来ないように、

 

同じ時代も二度と来ない。

 

その一瞬の風に、

 

祈りをのせよう。

 

 

-おわり-